So-net無料ブログ作成

「警視庁ゼロ係」が唯一視聴率右肩上がり、そのわけは

俳優の小泉孝太郎(39)が主演する、テレビ東京系ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」(金曜・後8時)が、ゴールデン(後7~10時)、プライム帯(後7~11時)に放送されている7月期ドラマの中で、唯一平均視聴率を下げずに奮闘していることが分かった。



スポンサードリンク





小泉演じる空気の読めないキャリア警視が、配属された杉並中央署の“お荷物部署”でベテラン女性刑事(松下由樹)と迷コンビを組み事件を解決していく…というストーリーで、昨年1月期に放送された続編。7月21日に7・1%でスタートすると、その後7・1%(28日)、7・5%(8月4日)、7・6%(18日)と、一度も数字を落とさず右肩上がりで4話まで終了している。

幸太郎小泉.jpg 

多くのドラマは数字を維持することが難しく、「初回は良かったがその後は…」「上がったり下がったりの繰り返し」が多い。今期の民放ゴールデン、プライム帯のドラマは13作あるが、「ゼロ係」以外はすべて一度は数字を落としている。

金曜8時枠のドラマは、フジテレビも過去放送したものの撤退した苦戦する時間帯。

13年に同時間帯に参入したテレビ東京は「三匹のおっさん」シリーズや「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」など、個性の強い作品を投入し話題を作ってきた。

一方で「ゼロ係」の前作は、第2話の8・3%を最高に、他ドラマと同様、上昇・下降を繰り返している(全7話平均視聴率は6・7%)。

 

スポンサードリンク






その中で健闘する今作。同局は右肩上がりの要因として、

(1)前回より刑事ドラマ色を強めたため男性層が増えている。

(2)小泉が演じる変人警視のキャラクターが定着してきた。

(3)1話完結ストーリーでありながら、1話で見つかった白骨死体の謎が残ったままで、最終回まで見逃せない展開となっている。


プロフィール
本名
小泉 孝太郎

生年月日
1978年7月10日(39歳)

出生地
日本の旗 日本 神奈川県横須賀市

身長
177 cm

血液型
AB型

職業
俳優、タレント

ジャンル
映画、テレビドラマ、CM、バラエティ

活動期間
2001年 -

著名な家族
小泉由兵衛(高祖父)
小泉又次郎(曾祖父)
泰道照山(曾祖父)
小泉純也(祖父)
小泉芳江(祖母)
小泉純一郎(父)
小泉進次郎(弟)

事務所
イザワオフィス


まとめ
みんなも知っている父は元総理大臣の小泉純一郎 弟は小泉進次郎サラブレッドでです。

イケメンです。
先ほど挙げた理由以外にもTBSのモニタリングのレギュラー出演しています。

好感度抜群です。友人にムロツヨシがいるのは有名です。

それとお酒がかなり強いと言っていました。

これといったスキャンダルが無い。

小泉孝太郎見たさにテレビを見る方もいると思います。

バラエティー ドラマと活躍している小泉孝太郎には目が離せないです。



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。